股関節痛

股関節とは?

股関節は骨盤(腸骨)部分にお椀の形をした臼蓋と呼ばれるくぼみ部分と大腿骨の先端にある大腿骨骨頭と呼ばれるボールに似た球状の先端が部分がはまり込むことで構成されます。

股関節には人間の体重を支えたり、歩行の際には骨盤とともに身体のバランスを一定に保つ働きがあります。
また、他の関節とともに歩行の際には地面から突き上げられる衝撃を吸収するクッションの役割もあります。
歩行の際には股関節に体重の約3~4.5倍程度、階段の上り下りにおいては約6~9倍近くの負荷がかかっています。

 

身体の中でも股関節は重要な要であり、特に股関節を取り囲む靭帯はアキレス腱よりも頑丈です。
そのため股関節は常にケガや病気、障害をうけやすく、いったんその状態に入ってしまうと日常生活が不便になります。

股関節の痛みには年齢や性別、痛みの発生機序など様々な要因を踏まえて判断する必要があります。
今回は股関節の病気の中でも身近なものを紹介します。

1.変形性股関節症

(※中年以降の女性に多い病気)

 

股関節は通常時、前後左右斜めに動かすことができ、その際に発生する負荷も正常時であればクッションの役割を果たす軟骨が負荷に伴う衝撃を吸収したり、軽減したりします。

日常生活において大きな問題は起こらないのですが、加齢による筋力低下、O脚などによる姿勢不良がみられると今までは均等に負荷がかかっていた軟骨がある特定の部分にだけ負担が集中し、軟骨の一部分だけが摩耗することで痛みが現れ、さらに痛みをかばうように歩くと身体全体が左右に揺れながら歩行します。
これは身体のバランスを保とうとするためですが、歪んだ姿勢が続くと腰や肩、膝などに負担がかかり、肩こりや腰痛、ひざ痛の原因になります。


変形性股関節症の場合、「足の付け根が痛い」「歩行が左右ぶれてしまう」「あぐらがかけない」など日常生活に支障がでることが特徴的で中高年の女性に非常に起こりやすいです。

また、乳幼児期に原因があって現れる場合もあります。
その場合は出産時に骨盤と関節をなしている大腿骨が脱臼して生まれてくる先天性股関節脱臼や大腿骨骨頭を包み込む骨盤の臼蓋と呼ばれる部分が通常よりも小さく、形が不十分だった場合は正常分娩のお子様と比べ発症リスクは上がりますが、現在は乳幼児健診時や出産後病院の方でも検査を行われるために発症リスクは減少しています。

2.大腿骨頚部骨折&転子部骨折

(※高齢者に多い病気)

 

高齢女性が転倒時に股関節周囲を地面や床に打ち付けたことで起こる骨折で骨折する場所によって病名が変わります。

特に自転車運転時、犬の散歩時、自宅の床で滑った際、自宅でほんの些細いな段差を上がろうとした際に足が上がっておらずつま先が引っ掛かり転倒などが非常に多いため、常日頃からそのような場所や行動を行う際は足元に注意をより一層払われることをオススメ致します。

3.大腿骨頭壊死

(※若い方に見られやすい病気)

 

大腿骨の骨頭という部分が何かしらの原因で血流が阻害され、骨頭部分の骨の細胞が死んでしまった病気です。
原因ですが、大腿骨の骨折などの外傷、潜函病、身近なものでは大量の飲酒、膠原病などで使われるステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の大量使用、それ以外は原因不明と判断されます。

4.ペルテス病

(※子供に見られる病気)

 

大腿骨骨頭にある骨端核と呼ばれる重要な場所が原因不明の理由で血流が悪くなり、骨頭部分が壊死する病気です。
5~7歳の男児に多く見られます。
股関節付近から膝辺りに痛みと歩行障害(跛行)が特徴的な症状です。それ以外にも膝の痛みを訴える場合も膝だけではなくペルテス病を念頭に置いておく必要があります。
股関節の動きに制限が現れたり、足を回したりした時に音がでたり、ある角度に動かすと抵抗感を感じたりすることもあります。

5.化膿性股関節炎

(※生後間もない乳児~幼児期に多く見られる病気)


この時期は身体の免疫機能も十分ではなく、その隙間をぬって細菌が股関節内で増殖、炎症を起こした病気です。
症状としては股関節の動きが悪かったり、患部に熱感や触れたりすると痛みを強く訴えたり、38℃以上の発熱を伴う場合もあります。

この病気の怖いところは抵抗力のない乳幼児期に起こりやすく、適切な処置をおこなわないと関節内にある骨に置き換わっていない軟骨に深刻なダメージを受けると正常な骨の成長が難しく、足の長さが異なる脚長差や大腿骨の変形、股関節の脱臼・亜脱臼などの深刻な後遺症が残りやすいのもこの病気の特徴です。

6.単純性股関節炎

(※3歳から小学校低学年【10歳】までの男児に多く見られる病気)


足の付け根から膝あたりにかけて痛みを訴えますが原因は不明です。

風邪の後に発症しやすい傾向があり、痛みを伴うのは片側の足に起きやすく、1~2週間ほど安静にしていれば症状は改善されますが、それでも痛みがひかない場合は化膿性股関節炎やペルテス病との鑑別が必要となります。

7.大腿骨頭すべり症

(※思春期の男児に多くみられる病気)


大腿骨の骨頭の骨端線と呼ばれる骨の成長する部分が滑ることで発症します。
外傷(ケガ)による急性型と外傷歴がなく徐々に発症する慢性型に分けられ、急性型は成長期の部活動と関係が深く、慢性型は肥満傾向、ホルモン異常などでも発症すると考えられています。

 

症状は股関節痛と跛行(正常な歩行が困難な状態でかばうように歩いたり、足をひきずったりした異常歩行をさす)が特徴的ですが、必ずしも痛みを訴えるとは限らず、発見が遅れることもあります。


股関節を曲げる(屈曲)につれて大腿部が外に捻じりながら広がるように動き、逆に大腿部を内側に捻るように曲げると痛みを訴えます。
すべりがひどい場合は手術適応で術後も適切な管理下のもと、経過観察が重要となります。
特に骨頭への血流障害がおこると骨頭壊死が生じたり、成長障害などの後遺症にも注意が必要です。

鍼灸接骨院そら(刈谷)では股関節痛を下記の6つに分けています!

※ただし、(4)と(6)は専門の医療機関へ転院頂きます。

 

(1) 身体の歪み・姿勢が悪いタイプ
(2) 変形性股関節症によるタイプ
(3) 軟部組織に問題があるタイプ
(4) 骨に原因があるタイプ

   大腿骨骨頭壊死

   化膿性股関節炎

   ペルテス病

   大腿骨の骨折
(5) 腰の疾患で引き起こされるタイプ
(6) その他

   慢性関節性リウマチ

   全身性炎症疾患

   骨粗鬆症

股関節痛改善で気をつけていること

股関節痛の施術をおこなうに上で注意していることがあります。

それは類似疾患との鑑別が重要です。

とくに性別や年齢によって対応の仕方が異なります。

検査で他の疾患の疑いがでた場合にはすみやかに最寄りの整形外科への通院をご案内します。
 

また、初期対応を間違ってしまうと歩行や姿勢に後遺障害が残りやすく、障害を残さないためにも整形外科でレントゲンやMRI等の画像検査で股関節の現状把握が大切です。

迅速な対応は後遺症の回避や障害がでた場合では最小限で抑えることができいるからです。

 

当院では病院の検査結果を拝見させて頂き、今後の治療方針も含め一緒に考えていければと思っております。

鍼灸接骨院そらはWHOで認められている「鍼」と整体を組み合わせて治療を行います

当院では整体による施術と、WHO(世界保健機関)にその効果を認められている鍼の施術を組み合わせて、 あなたのつらい痛みやシビレにアプローチしていきます。

1996年:WHO(世界保険機構)が鍼灸の適応症リストを発表。

2018年:国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加され、鍼灸もそこに含まれることになる。

 

☆痛みに強いのが鍼
痛みに対して即効性を期待できるのが、鍼の特徴でもあります。
ですから痛みが強くて眠れない、歩くのもツラい人などは、鍼施術を受けてみることをお勧めします。

鍼はそうした目の前の痛みに対してだけでなく、身体の内側を整えて自然治癒力を高めるので、再発しない身体も作り上げていきます。

STEP1 身体の歪みを測定

当院では痛みの原因は身体の歪みから引き起こされていると考えています。

そのためには身体の歪みを正確に知る必要があります。

そこで当院は他に先駆けて東京大学発、姿勢解析システム(シセイカルテ)を愛知県内で初導入しました。

 

このシセイカルテは最新の画像解析技術を用いたこのシステムで写真を数枚撮影すると現在のあなたの身体の歪みや筋肉の固くなりやすい箇所、脂肪の付きやすい箇所を画像と数値でわかりやすく表示することでお客さまにも身体の歪み度合いを丁寧に伝えることができるようになりました。

 

STEP2 原因を調べる

STEP2では原因の本質を知るためのチェックをおこないます。

 

①股関節に関連のある骨盤、大腿骨、背骨などの関節の動きと筋肉の柔軟性を確認します!

②日常生活や仕事上で誤った動作を繰り返していないかどうかの確認をします!

③※検査画像をご用意できる方はレントゲンやMRIの画像を拝見させて頂き、股関節の状態を確認します!

以上、3点について確認致します。


当院以外のところならば股関節の痛みなら股関節周辺しか触診や視診をおこないませんが鍼灸接骨院そら(刈谷)は身体全体から股関節痛の評価をします。
 

STEP3 骨格矯正

STEP3では骨格矯正がなぜ必要なのか、その理由について伝えします。

 

一つ目は、

背骨を優しく左右に揺らしながら動きの悪い背骨に動きをつけ、歪みによって引き起こされている神経の圧迫と背骨周りの筋肉の緊張を緩める。

そのことで背骨の中を通っている神経の圧迫による不調を開放します。

これは脳から四肢末端に至る間の神経伝達がスムーズになり、今まで圧迫によって引き起こされていた痛みやシビレなどの症状が軽減されます。

 

二つ目は、

背骨の動きが良くなることは身体全体のバランスや滑らかに関節が動くことで予期せぬ出来事が起こった際にも身体をとっさに守ることができる。

また、バランスが良くなることは身体のある部分への偏った負担をが減らすばかりか、姿勢が正しくなることは猫背、反り腰、ストレートネック、O脚など姿勢の歪みが原因で引き起こされるその他の疾患に対し、予防効果も期待できます。

 

三つ目は、

以前よりも健康な身体を手に入れるチャンスがある。

このように骨格を正しい状態へ戻すことは痛みやシビレの改善以外にもいろいろなメリットがあります。
 

STEP4 筋肉・神経・血流の改善

STEP4では身体の内部と脳の記憶の改善を目的とした施術です。

 

どのような症状であっても患部から発信された情報が神経を経由して脳に伝えられ、過去の記憶と照らし合わせて脳が痛み・シビレという判断をします。

 

一般的なマッサージや整体、物療機器(低周波等)では身体の中の原因に対して治療手段は持っておらず、原因を改善することはできません。

 

ここが一番のポイントです!

 

つまり一時的な症状緩和、対症療法をおこなうことはできますが、同じことを繰り返していると、いつの間にか時間だけが経過し、本人も気づかないうちに慢性症状に移り、症状や状態が日に日に悪くなります。

 

そのような状態であれば数回の施術で良くすることは不可能に近いです。

逆に言えば手に負えない状態になっている可能性も非常に高く、手術宣告をされるケースも考えられます。

だからと言ってあきらめるにはまだ早く、回復までの期間は長くなりますが必ず解決策を見つけます。

 

なぜなら当院の施術法は独自性に富んだ内容だからです。

骨格矯正で歪みを整え、鍼で患部に直接刺激を与えながら低周波治療器機で電気を流して施術効果を高める、相乗効果を狙った施術をおこなっているからです。

鍼を身体に刺すだけの施術よりも身体にかかる負担も少なく、かつ短期間で施術効果が期待できるからです。

 

心当たりありませんか?
施術後、身体の変化を感じ、喜んで帰られても翌日には前の状態に戻った!

 

それはなぜか?

 

一つ目は、

症状にとらわれ、本質を見逃している!

肩こりなら肩周辺を揉んでいるとこのようなことが起こります。

つまり施術するポイントが間違っているからこそ起こるのです。

 

二つ目は、

つらい記憶が消去されていない!

これは肩こりを感じた時期から現在までの時間に比例します。

長年、つらい思いや不快な思いを我慢や薬、湿布で誤魔化してきた方ほど、以前の状態に戻りやすい傾向があります。

 

ご本人は良くなりたいと願っても、一方では「元に戻れ」という指示を脳が勝手に命令をだしているから、いつになっても負のスパイラルから抜けだせません。

 

でもご安心ください。

先ほどからお伝えをしているように負のスパイラルから抜け出す手段を持っていますので鍼灸接骨院そら(刈谷)におまかせてください!
 

番外編 早期回復に向けたサポート

当院は施術以外にも力を入れていることがあります。

それは自宅での過ごし方です。
自宅での時間の使い方こそが早期回復に至る期間を短縮させる重要なポイントと考えています。

 

当院の経験ですが、

指示に従って運動やストレッチに取り組まれた方と行動されなかった方では施術の経過が大きく差が開きました。

そのため早く良くなりたい方には有益な情報を出し惜しみなくお伝えします。

 

そのような意識の高い方には日常生活の中の空き時間でおこなえるストレッチや生活指導をお伝えします。


毎日おこなって頂く理由とは?

①施術効果を高める

②痛みの早期軽減

 

身体の状態を知っているため、適切なストレッチや生活指導が行えます。

早期改善を望まれるのであれば、あなたが決断し行動に移すだけです。

健康を手に入れるためにも鍼灸接骨院そら(刈谷)を利用してください。
 

鍼灸接骨院そら(刈谷)監修
股関節痛の方におこなって頂きたいツボをまとめてみました!

お時間のある時にぜひ、実践してみてください。

営業時間 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

お問合せ・ご予約

お電話をかける前に・・・

ホームページを見て頂いた「あなた」に今回限りの特別なご提案があります!

今の痛みを本気で改善したい方に限り、下記の特典をご用意しております。

 

追加特典 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

【東京大学発】

最新の画像解析技術をもちいた姿勢分析システムによる検査1回分無料

(通常3,300円※情報管理手数料込)

※お身体の状態次第ではお断りさせて頂く場合もございます。

初回特典 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

受付時間

 
午前 -
午後 --

【 受付時間 】
午前 09:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 19:30
※ネット予約なら24時間対応

☆定休日 : 木曜日、祝日

所在地

〒448-0001
愛知県刈谷市
井ヶ谷町桜島72番地
院前に専用駐車場が3台完備

0120-810-570

アクセス・地図・予約

PageTop