腰椎椎間板ヘルニア

(腰椎椎間板)ヘルニアとは?

椎間板は線維輪と髄核から構成され、背骨の上下の椎体の間にあります。

日常の動きで背骨にかかる負荷や衝撃をこの椎間板が吸収する役割があります。
腰椎椎間板ヘルニアとはこの椎間板が加齢や身体の歪み、肥満、身体がしっかりと成長していない段階でのスポーツによる過負荷などで、椎間板後方の線維輪の一部が破れ、内部の髄核が背中側に飛び出したり、飛び出した髄核の一部が膨隆することで神経根や脊髄が圧迫します。

圧迫された場所によって、ふとももから足の指先までの間で痛みやシビレ、筋力低下などが生じます。

余談ですが「ヘルニア」とはラテン語で飛び出るという意味です。

腰椎椎間板ヘルニアが起こりやすい場所と腱反射の反応について

☆もっとも発生率が高い部位

L4-L5(第4腰椎と第5腰椎)
膝蓋腱反射の低下または消失が出現


☆二番目に発生率が高い部位
L5-S1(第5腰椎と第1仙椎)
アキレス腱反射の低下または消失が出現

※上記2つで全体の80%を占めます。

好発年齢・性別

20~40代男性がもっとも多く発症し、次にスポーツをおこなう学生、3番目は50~60代男性となっております。

注目する点は腰痛椎間板ヘルニアが男性に発症率が非常に多いということです。

また、2番目は学生で特に体育会系の部活動で身体の成長ができていない時期に過度なトレーニングや練習メニューによって発症する傾向が強いです。

分類

腰椎椎間板ヘルニアは、

下記の4つ分類に分けられます。

①突出型

②脱出型

③膨隆型

④遊離型

年齢層による痛みの出現の違い

20才未満では腰痛や臀部痛。

20才以上では腰痛は20才未満と同じですが、痛みの範囲がくるぶしから指先辺りまで広がる傾向があります。

症状

先ほどもお伝えしたように腰椎椎間板ヘルニアの主症状は腰痛と下肢痛です。

特に下肢痛は痛みとシビレ、知覚異常に分類され、ここで示すシビレとは坐骨神経痛をさします。

その他にも症状がでている側の下肢は力が入りにくく、体重をかけると痛みが強くなったり、太ももやふくらはぎがつっぱたり、または足の指先がシビレなどの症状も見られます。

 

また、腰椎椎間板ヘルニアになった方から頂いたお話では、

・ある日突然痛みがでた!

・特定の動きや姿勢で痛みが増す!

・重たいものを持った記憶はない!

 

もともと腰痛を持っていた方が腰椎椎間板ヘルニアと診断されるケースと急な激しい腰の痛みで病院を受診し、レントゲンやMRIの検査によってわかるケースに分けられます。

それ以外にも「ぎっくり腰と思っていたら腰椎椎間板ヘルニアだった」、「いつもの腰痛と思っていたが今回は痛みが長引くので病院に行ったら腰椎椎間板ヘルニアと診断された」というケースもありました。

腰椎椎間板ヘルニアによる3大障害

①可動域の制限

身体を前かがみの動作で痛みをシビレが増し、動きそのものに制限が加わる。

 

②姿勢が歪む

痛みやシビレから回避するような姿勢を無意識にとる。

代表的なものに疼痛性側弯や骨盤が後ろに傾く腰椎後弯によって腰痛や下肢痛を少しでも和らぐ姿勢をとります。

 

③歩行障害

髄核が飛びでる場所によっては運動麻痺から歩行障害を伴います。

腰椎椎間板ヘルニアが痛み・シビレの原因ではないという研究報告

1.カナダBoosらの研究

腰痛学会 volvo賞受賞した論文より

ヘルニアと診断された腰痛のある患者さん46名と、年齢・性別・職業などを一致させた腰に痛みのない健康な人46人のMRIを撮り、研究内容の知らない医師2人に画像診断してもらうという実験を行いました。
その結果、痛みのない健康な人の75%にヘルニアが見つかりました。
つまり、ヘルニア持ちの75%の人にとって、ヘルニアが痛みシビレを起こしていないということです。
※ volvo賞とは、

腰痛学会でのノーベル賞のような権威ある賞のこと。

 

2.福島県立医科大学

紺野愼一教授の研究

最近の研究では、成人では椎間板ヘルニアを持っている人のほうが、持っていない人より多いと考えられています。
ところが、椎間板ヘルニアで腰痛を起こしている人はごく一部です。
つまり、椎間板ヘルニアがあるだけでは症状は起こらないのです。
症状が現れるのは、椎間板ヘルニアにほかの要因が加わった場合です。

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_520.html(引用)

 

3.かただ整形外科 片田重彦院長

腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている人は実に多いのです。
私が実際に患者さんを治療した実感では、9割以上の腰痛の原因は別のところにあります。
本当の原因を直した結果、腰痛がウソのように簡単によくなった方はたくさんいらっしゃいます。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40164(引用)

 

いかがでしょうか?
様々なドクターが「ヘルニア以外に原因がある」と考えています。

驚かれるかもしれませんがヘルニアはその7割以上が悪さをしません。
ヘルニアだと診断を受けても実は別のところに本当の原因が隠れている可能性があります。
あなたの痛みシビレがいっこうに改善しないのであれば、当然ヘルニア以外の原因を考えていくべきです。

本当の原因とは?

今も苦しむ症状の本当の原因を、
「身体の歪み・捻じれ」と「生活習慣」と考えております。

 

・身体の使い方に悪いクセがある
・食生活で内臓に負荷がかかっている
・過去のケガが治りきっておらず、庇う
・1日で座っている時間が長い
・身体が歪む・捻じれる
 ☆骨盤や背骨が歪む

 ☆股関節や足首が捻じれる
・身体の重心バランスが崩れる
・特定の場所に負荷がかかり筋肉が緊張
・痛みシビレが起きる

 

あなたは今までの治療・療法で、このプロセスにある元(身体の歪みや捻じれ、誤った生活習慣、内臓)などにアプローチしていましたか?
きっと、していないですよね!
だから、すぐに再発してしまうのです。

WHOで認められている「鍼」と「整体」を組み合わせた治療法

当院では整体による施術と、WHO(世界保健機関)にその効果を認められている鍼の施術であなたのつらい痛みやシビレにアプローチします。

 

1996年

WHO(世界保険機構)が鍼灸の適応症リストを発表。

 

2018年

国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加され、鍼灸もそこに含まれる。

 

☆鍼は痛みやシビレの改善に効果大!
痛みに対し、即効性や回復が期待できるのも鍼の特徴です。
◎痛みが強くて眠れない

◎歩くのもつらい

このような症状でお困りの方は鍼を受けられることをオススメします。

鍼はそうした目の前の痛みに対してだけでなく、身体の内部環境も一緒に整え、自然治癒力や免疫力向上にも働きいかけるため、来院前よりも健康な身体を作り上げていきます。

施術に際して注意していること

椎間板ヘルニアの施術をおこなう上で注意していることが2つあります。

身体に一定以上の歪み・捻じれが生じると上肢と下肢の間で逆方向の力がそれぞれ加わります。

 

濡れたタオルを絞った時のことをイメージしてください。

一方の手を固定した状態のまま反対の手を左右に回すことで水が絞れます。

ヘルニアも一緒です。

右に捻じりが加わると、右のヘルニアに

左に捻じりが加わると、左のヘルニアに

そこで当院では患者さまの身体の歪みをAIで解析し、歪みを可視化します。

その測定結果や徒手検査、痛み・シビレの範囲などから優先順位を決め、あなたに適した施術プランを立てます。

 

次に生活習慣の見直しについても同時並行でおこないます。

腰椎椎間板ヘルニアの原因の一つに生活習慣が大きく関与してます。

 

身体の歪みや捻じれを作り出しているのは身体の使い方が誤っているからです。

座っている時間が長い、カバンを片方の手や肩で持ちすぎている。

偏った食事や食べ過ぎなどで内臓に負担がかかってしまっている etc・・・
そうした習慣はなかなかご自身で気づくことも難しく、気づいたとしてもすぐには改善することはできませんよね!

 

だから、改善しないし、一時は楽になったのにすぐに再発してしまったのです。

 

当院ではあなたは今までの治療・療法で、このプロセスにある元(身体のゆがみやねじれ、悪いクセや内臓の不調)などにアプローチします。

そのうえで 今度こそ改善を目指して前に進むことができるのです。

STEP1 身体の歪みを測定

当院では痛みの原因は身体の歪みから引き起こされていると考えています。

そのためには身体の歪みを正確に知る必要があります。

そこで当院は他に先駆けて東京大学発、姿勢解析システム(シセイカルテ)を愛知県内で初導入しました。

 

このシセイカルテは最新の画像解析技術を用いたこのシステムで写真を数枚撮影すると現在のあなたの身体の歪みや筋肉の固くなりやすい箇所、脂肪の付きやすい箇所を画像と数値でわかりやすく表示することでお客さまにも身体の歪み度合いを丁寧に伝えることができるようになりました。

 

STEP2 原因を調べる

STEP2では原因の本質を知るためのチェックをおこないます。

 

①ヘルニアに関連ある骨盤、大腿骨、背骨、股関節などの関節の動きと筋肉の柔軟性を確認します!

②日常生活や仕事上で誤った動作を繰り返していないかどうかの確認をします!

③シビレのでる動作や範囲、そしてトリガーポイントにも注意を払いながら確認をします!

④※検査画像をご用意できる方はレントゲンやMRIの画像を拝見させて頂き、股関節の状態を確認します!

以上、4点について確認致します。


当院以外ならば腰椎椎間板ヘルニアの痛みなら腰周辺しか触診や視診をおこないませんが鍼灸接骨院そら(刈谷)は身体全体から腰椎椎間板ヘルニアの評価をし、本質を見極めます。

STEP3 骨格矯正

STEP3では骨格矯正がなぜ必要なのか、その理由について伝えします。

 

一つ目は、

背骨を優しく左右に揺らしながら動きの悪い背骨に動きをつけ、歪みによって引き起こされている神経の圧迫と背骨周りの筋肉の緊張を緩める。

そのことで背骨の中を通っている神経の圧迫による不調を開放します。

これは脳から四肢末端に至る間の神経伝達がスムーズになり、今まで圧迫によって引き起こされていた痛みやシビレなどの症状が軽減されます。

 

二つ目は、

背骨の動きが良くなることは身体全体のバランスや滑らかに関節が動くことで予期せぬ出来事が起こった際にも身体をとっさに守ることができる。

また、バランスが良くなることは身体のある部分への偏った負担をが減らすばかりか、姿勢が正しくなることは猫背、反り腰、ストレートネック、O脚など姿勢の歪みが原因で引き起こされるその他の疾患に対し、予防効果も期待できます。

 

三つ目は、

以前よりも健康な身体を手に入れるチャンスがある。

このように骨格を正しい状態へ戻すことは痛みやシビレの改善以外にもいろいろなメリットがあります。
 

STEP4 筋肉・神経・血流の改善

STEP4では身体の内部と脳の記憶の改善を目的とした施術です。

 

どのような症状であっても患部から発信された情報が神経を経由して脳に伝えられ、過去の記憶と照らし合わせて脳が痛み・シビレという判断をします。

 

一般的なマッサージや整体、物療機器(低周波等)では身体の中の原因に対して治療手段は持っておらず、原因を改善することはできません。

 

ここが一番のポイントです!

 

つまり一時的な症状緩和、対症療法をおこなうことはできますが、同じことを繰り返していると、いつの間にか時間だけが経過し、本人も気づかないうちに慢性症状に移り、症状や状態が日に日に悪くなります。

 

そのような状態であれば数回の施術で良くすることは不可能に近いです。

逆に言えば手に負えない状態になっている可能性も非常に高く、手術宣告をされるケースも考えられます。

だからと言ってあきらめるにはまだ早く、回復までの期間は長くなりますが必ず解決策を見つけます。

 

なぜなら当院の施術法は独自性に富んだ内容だからです。

骨格矯正で歪みを整え、鍼で患部に直接刺激を与えながら低周波治療器機で電気を流して施術効果を高める、相乗効果を狙った施術をおこなっているからです。

鍼を身体に刺すだけの施術よりも身体にかかる負担も少なく、かつ短期間で施術効果が期待できるからです。

 

心当たりありませんか?
施術後、身体の変化を感じ、喜んで帰られても翌日には前の状態に戻った!

 

それはなぜか?

 

一つ目は、

症状にとらわれ、本質を見逃している!

肩こりなら肩周辺を揉んでいるとこのようなことが起こります。

つまり施術するポイントが間違っているからこそ起こるのです。

 

二つ目は、

つらい記憶が消去されていない!

これは肩こりを感じた時期から現在までの時間に比例します。

長年、つらい思いや不快な思いを我慢や薬、湿布で誤魔化してきた方ほど、以前の状態に戻りやすい傾向があります。

 

ご本人は良くなりたいと願っても、一方では「元に戻れ」という指示を脳が勝手に命令をだしているから、いつになっても負のスパイラルから抜けだせません。

 

でもご安心ください。

先ほどからお伝えをしているように負のスパイラルから抜け出す手段を持っていますので鍼灸接骨院そら(刈谷)におまかせください!
 

番外編 早期回復に向けたサポート

当院は施術以外にも力を入れていることがあります。

それは自宅での過ごし方です。
自宅での時間の使い方こそが早期回復に至る期間を短縮させる重要なポイントと考えています。

 

当院の経験ですが、

指示に従って運動やストレッチに取り組まれた方と行動されなかった方では施術の経過が大きく差が開きました。

そのため早く良くなりたい方には有益な情報を出し惜しみなくお伝えします。

 

そのような意識の高い方には日常生活の中の空き時間でおこなえるストレッチや生活指導をお伝えします。


毎日おこなって頂く理由とは?

①施術効果を高める

②痛みの早期軽減

 

身体の状態を知っているため、適切なストレッチや生活指導が行えます。

早期改善を望まれるのであれば、あなたが決断し行動に移すだけです。

健康を手に入れるためにも鍼灸接骨院そら(刈谷)を利用してください。
 

椎間板ヘルニアで悩むあなたにこれだけは絶対に注意して頂きたいこと

腰椎椎間板ヘルニアの症状を悪化させないためにも気をつけて欲しいことがあります。

 

☆ネット上の腰椎椎間板ヘルニアに関する動画はあくまでも参考程度とお考え下さい!


インターネット上には椎間板ヘルニアにかかわる沢山のセルフケアの動画が投稿されていますが必ずしもあなたにあうという保証もなければ、投稿された動画を試したことで逆にい症状が悪化した方も当院には多く来院されますので、セルフケアをご希望でしたら当院ではその点も踏まえ総合的にサポートさせて頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

例えば、

☑ヘルニアのシビレ改善のストレッチ術

☑椎間板ヘルニアに効くトレーニング法

☑椎間板ヘルニア改善のための骨盤体操

etc

 

ただし、あなたの痛みシビレの原因には様々な要因が組み合わさっています。
だからこそ、ネット上のセルフケアがそもそもあなたの症状に適しているかどうかわかりません。

当院におみえになる新患さんの中にはネット上のセルフケアをおこなったことで逆に痛みやシビレがより悪化した方々が来院されます。

 

もし、セルフケアを考えているなら?

ネット上の情報に踊らされるのではなく、あなたの身体を熟知している施術家に指導頂くことをオススメ致します。
もちろん当院でもその点に関してもしっかりと対応させて頂いております。

病院で行われる治療方法について

①安静・装具療法 コルセット
②非ステロイド性鎮痛剤
③温熱療法
④硬膜外ブロック注射 
⑤手術
 ・ラブ法
 ・脊椎固定術
 ・椎間板ヘルニア後方摘出
       +椎間固定術
 ・経皮的髄核摘出術
 ・レーザー椎間板蒸散法
⑥薬物療法

 ・消炎鎮痛薬

 ・ビタミンB12製剤

 ・筋緊張弛緩薬

 

下記の症状がある場合には手術を勧められる傾向が強いです。

 

①保存的治療を1~3か月おこなっても痛みが強く継続している場合
②運動麻痺が現れている場合
③排尿・排便障害などの膀胱直腸障害がある場合

鍼灸接骨院そら(刈谷)監修
腰椎椎間板ヘルニアの方におこなって頂きたいツボをまとめてみました!

お時間のある時にぜひ、実践してみてください。

成人の場合

・脊柱管狭窄症
・脊椎腫瘍
・馬尾腫瘍
・神経根嚢腫
・末梢神経障害

(糖尿病性末梢・絞扼性)神経障害

若年者の場合

・腰椎分離症
・強直性脊椎炎
・馬尾腫瘍
・感染

半年以上も症状が継続しているヘルニアは別の原因を疑うべし

実はヘルニアで飛び出した椎間板の髄核というのは、時間が経つと身体の中に吸収されることがわかっています。
だいたい6ヶ月程立つと、髄核が吸収されてしまうケースが多いようです。
もしあなたが腰椎椎間板ヘルニアと診断され、治療を受け続けて半年経っているのに痛みシビレが改善しないのであれば、腰椎椎間板ヘルニア以外の可能性を疑った方が良いでしょう。
本当の原因を探すことに時間とお金を使うことをお勧めします。

最後に腰椎椎間板ヘルニアで悩んでいる刈谷市在住のあなたへ

腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けても不安に思う必要は全くありません。

 

◎いったん病院で診断が下されると「本当に良くなるかな?」って不安に感じる方が多くいらっしゃいます。

 「手術をしても良くならなかった」

 「根本治療まで1年ぐらいかかる」

 「手術したのに再発してしまった」

 「病院で改善しなかった」 など

※良い話が少ないのも患者さまが不安に感じてしまう要因の一つだと思います。


すでにおわかり頂けたように腰椎椎間板ヘルニアと診断されてもそれがすべての原因ではないケースも多いです。
本当の原因(身体の歪み・捻じれ)を解消することで診断されたヘルニアの症状を改善する可能性は十分あります。

 

あなたは痛みから楽になりたいですか?

もし、本気で良くなりたいと思っているなら、勇気をもってお問合せください。

あなたの勇気ある行動を後悔させないように誠心誠意対応させて頂きいます。

そして当院は意味のある施術だけをあなたにご提供します。

 

当院と一緒に本当の健康を取り戻して行きましょう。

 

刈谷市の腰椎椎間板ヘルニア専門院!

鍼灸接骨院そらにおまかせください。

営業時間 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

お問合せ・ご予約

お電話をかける前に・・・

ホームページを見て頂いた「あなた」に今回限りの特別なご提案があります!

今の痛みを本気で改善したい方に限り、下記の特典をご用意しております。

 

追加特典 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

【東京大学発】

最新の画像解析技術をもちいた姿勢分析システムによる検査1回分無料

(通常3,300円※情報管理手数料込)

※お身体の状態次第ではお断りさせて頂く場合もございます。

初回特典 | 鍼灸接骨院そら(刈谷)

受付時間

 
午前 -
午後 --

【 受付時間 】
午前 09:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 19:30
※ネット予約なら24時間対応

☆定休日 : 木曜日、祝日

所在地

〒448-0001
愛知県刈谷市
井ヶ谷町桜島72番地
院前に専用駐車場が3台完備

0120-810-570

アクセス・地図・予約

PageTop